文学は世界を巡る

アクセスカウンタ

zoom RSS 文庫で読むガルガンチュアとパンタグリュエルの物語

<<   作成日時 : 2008/12/07 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フランスのルネサンス文学を代表するラブレーガルガンチュアとパンタグリュエルの物語の翻訳が刊行されています。

ラブレーの翻訳といえば、まあ、そんなものが存在しているだけでも凄いことなのですが、それでも、勉強のために仕方なくというのならともかく、楽しみの読書のためには向かないものでした。
それが3年ほど前に突如として宮下訳がそれも、高価な専門書としてではなく、ちくま文庫から刊行されはじめたのです。

どうやら翻訳作業は現在も進行中のようで、昨年『第三の書』が出て、その後書きでは今年度中に『第四の書』を出せればと書かれています。今のところまだのようですが。

ところで、このちくま文庫版、現代のお高くとまった文学観からすれば、あまりに低俗で卑猥で乱雑で、しかし、それ故に魅力的なラブレーの面白さを十二分に伝えてくれるものです。
研究者はいざ知らず、一般の人はラブレーをしかつめらしく読むべきではないのです。

ガルガンチュアとパンタグリュエル(1)
楽天ブックス
ガルガンチュア ちくま文庫 著者:フランソア・ラブレー/宮下志朗出版社:筑摩書房サイズ:文庫ページ数


楽天市場 by ウェブリブログ

ガルガンチュアとパンタグリュエル(2)
楽天ブックス
パンタグリュエル ちくま文庫 著者:フランソア・ラブレー/宮下志朗出版社:筑摩書房サイズ:文庫ページ


楽天市場 by ウェブリブログ

ガルガンチュアとパンタグリュエル(3)
楽天ブックス
第三の書 ちくま文庫 著者:フランソア・ラブレー/宮下志朗出版社:筑摩書房サイズ:文庫ページ数:59


楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
文庫で読むガルガンチュアとパンタグリュエルの物語 文学は世界を巡る/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる