文学は世界を巡る

アクセスカウンタ

zoom RSS 『山猫』は映画も小説も

<<   作成日時 : 2008/11/29 16:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ルキノ・ヴィスコンティの映画で有名な『山猫』は、ランペドゥーサの原作もイタリアでは非常に人気のある小説です。
しかし、日本ではずっと長い間、映画は公開できず、小説もフランス語からの古い重訳しかないという不遇の時期が続いていました。

それが数年前、映画についてはイタリア語音声で修復されて、完全版と称して公開され、さらにはDVDも発売され、ようやく今の時代に蘇ったという感がありました。

山猫 【イタリア語・完全版】
楽天ブックス
アーティスト:バート・ランカスター[主演]レーベル:(株)紀伊國屋書店販売元:(株)紀伊國屋書店発売


楽天市場 by ウェブリブログ


映画ファンなら絶対に見ておくべき、映画史の金字塔です。

後は小説の方も、新しい翻訳が出ないかと待ち望んでいたところ、岩波文庫からイタリア語原典から訳したものが出版されています。

山猫
楽天ブックス
岩波文庫 著者:ジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥー/小林惺出版社:岩波書店サイズ:文庫ページ数


楽天市場 by ウェブリブログ



実は小説の方では、映画よりもずっと長い時間の物語が描かれていて、より複雑で入り組んだ構成になっており、ヴィスコンティの映画はそのうちのごく一瞬でしかない舞踏会のシーンを肥大化させることによって、反対に『山猫』の世界を描ききるという、逆説的な手法を用いています。
ランペドゥーサヴィスコンティも、そして『山猫』の主要人物もみな同じ没落貴族同士にして、初めてなせる力業であったのかもしれません。
したがって、映画『山猫』を愛する者は小説『山猫』を読むべきなのです。

映画の話ばかりになってしまいましたが、今回の岩波文庫版については、訳文の文体に関して、訳者自ら敢えて平易すぎるものは避けたと言っているくらいですが、それでも十分に読みやすいものです。
これでようやく、映画よりもさらに奥深いランペドゥーサの世界が誰にでも読めるようになったというわけです。

ちなみに、訳者によると、ランペドゥーサのイタリア語はかなり難解なものだそうです。いつか原典に挑戦してみようと密かに考えていたのですが、、、
にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『山猫』は映画も小説も 文学は世界を巡る/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる